2005年03月06日

強い楽天、中日に連勝 堅守と継投で競り勝つ

 強い楽天、セ・リーグ覇者を連破――。楽天イーグルスは5 日、ナゴヤドームでのオープン戦で中日を2-1で破った。猛打で圧勝した前日とは打って変わり、最小得点差を守りきって連勝を飾った。また、球場に詰め掛けた観客はこれまで4試合で最多の26500人。本拠地・フルキャストスタジアム宮城の今季の収容人数を超える大観衆にもひるむことなく、楽天が実力を発揮した。

 楽天は3回、先頭の大島公一が二塁内野安打。2死後に関川浩一が左中間を破る二塁打を放ち、大島が一挙に生還して先制した。同点で迎えた7回にも、先頭の山崎武司が四球で出塁。続く山下勝己の中前への強烈な打球を中堅手が弾き(記録は二塁打)、無死二、三塁とした。次打者藤井彰人に対し、中日の2番手・野口茂樹が投じた2球目は、ワンバウンドで捕手のミットを弾き、三塁側ベンチ方向へ。暴投で三塁走者が生還し、貴重な決勝点となった。

 楽天の先発投手はエース・岩隈久志。初回、先頭打者にいきなり四球を与えるが、バックの好守で切り抜けて波に乗った。結局3回を投げて1安打無失点。4投手で自責点は0と安定した継投を見せ、最後はクローザー候補の福盛が締めて逃げ切った。

 序盤から引き締まった投手戦となったこの試合。再三の好守で失点を防いだ楽天と、バッテリーミスで決勝点を献上した中日。守りの差が、競り合いでの明暗を分けた。

◆試合結果
楽天 001 000 100|2
中日 000 100 000|1


おめでとう楽天!やったぜ楽天!!ありがとう楽天!!! 感謝セール実施中!!!!
posted by イーグルス at 00:00| 2005年3月のニュース・試合結果・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。